スポンサーリンク

こんにちは!

 

「TAKE」です!!

 

 

みなさんは本を読んでいますか?
レバレッジリーディングの要約と感想。コツを掴んだやり方も!

私も本を読むのは正直、苦手でした。

 

 

ですが、ある一冊と出会い、

「読書」というものへの考え方が一変しました。

 

 

その一冊というのが、

ビジネス書ではありますが、

「レバレッジリーディング」という本でした。

 

 

そこで今回は、「レバレッジリーディング」

 

について語ってみようと思います。

 

 

読んでいく中で、自分が気になった点がいくつかありましたので

書きながらまとめていきたい思います!

スポンサーリンク

レバレッジリーディングの内容

この本を読んだうえで最初に伝えたいのは、

この本は「本を上手によむための本」

ということです。

 

 

そして「レバレッジ」というのは

「てこ」という意味です。

つまり、本を読むことが人生において

「てこ」の役割になるのです。

 

 

ビジネス書であるため、

「将来、成功したい」と思う人の読み始めの

一冊目にバッチリだと思います。

 

 

しかし、その多くの人は「本を読む」ということが

「苦」に感じていると思います。

現に私もそうでしたから(笑)

 

 

この本が教えてくれるのは、

本を「楽しく読む」のではなく、

本を「効率よく読む」ことです。

 

 

そして「本を読む」ということが

「私たちに何を与えてくれるのか」を

伝えてくれます。

「本を読む」がなぜ大切なのか?

これは数多くの成功者とよばれる人たちが

使っている言葉と同じことが書かれていました。

 

 

「本を読むこと」は

『最高の自己投資』

とあります。

 

 

本が1冊1,500円くらいだとしても

その本には本を出した人が手に入れた

1500円以上の価値が詰まっているからです。

 

 

その知識や経験を自分のものに出来る、

それだけで人生に+@のものが生まれるなら

非常に効率的だと教えてくれます。

 

 

確かに本によって当たり外れや、

自分が求めていないものであったりします。

 

 

しかし、失敗しても1500円程度で済むのです。

遊びなどで使うお金も大事ですが、

自己投資に使うのも有用であると教わりました。

 

 

ビジネスで成功したいならば自己投資は

最低限の行動であり、必要不可欠です。

 

 

自己投資を適切に出来ている人といない人では

心の余裕にかなりの差ができます。

 

 

適切な自己投資をするにはどうしたら良いのでしょうか?

 

それは

 

「レバレッジをかける」

 

ということを意識することです。

 

 

同じ10の努力でも

意識一つ、「自分にどう使えるか?」を意識するだけで

自己投資の精度に大きな差が生まれてきます。

 

 

そして、本を読むということが

 

「最大の自己投資」

 

である以上、本をいかに読むか?が

とても重要なのです!

 

 

本の中に記載されているのですが、

スポーツマンにとっての練習が、

ビジネスマンの読書だそうです。

 

 

そう考えると、

読書という自己投資の重要性が

分かりやすいのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

レバレッジリーディングは「速読」ではなく「多読」

 

では、この本が伝える「本の読み方」とは?

に触れていきたいと思います。

 

 

それは、「早く読む必要はない」

「多くの本を読む」ことです。

 

 

ですが、多くの本を読むには時間が必要です。

その多くの本を読むための技術が

「多読術」です。

 

 

こちらの詳しい内容は後述したいと思います。

 

 

「速読」ではなく多読がなぜ必要なのか?

それは、それぞれの性質の差と

ビジネスへの相性と考えれば自然です。

 

 

速読=ただただ、読む速度を高めるもの

多読=重要な部分以外を切り捨てて読む力

 

 

もちろん、速読がダメなわけではありません。

早く読める分には良いのですが、

大切なのは「アウトプット」なのです。

 

 

つまり、読んだ重要な部分だけを

いかに自分に、そして周りに生かせるか?

が重要なのです。

 

 

私はこれを読んで、

「ビジネスで成功するためには、読む速度は必要ない。

自分に必要なことを本から読み解くことが大切なんだ」

と思い読書との向き合い方が変わりました。

 

 

「一日一冊の本を読んでいく」と

書かれていましたが、

正直、私は未だそこまでは出来ていません。

 

 

しかし、少しづつでも本を読む姿勢が

同世代、または同期とよばれる存在に

「大きな差を作るのでは?」とワクワクしています。

 

スポンサーリンク

多読術のコツ。やり方について

それでは、本で紹介されていた中でも

「多読」のコツというより今すぐにでも

出来る多読術を私なりに紹介したいと思います。

 

 

先に言いますが、必要なのは

難しい知識ではありません。

 

 

必要なのは、

「今日からやる!」という意識の変化と

その本を読む「目的を明確にする」ことです。

 

 

この2つが多読術の基本でもあります。

これを意識するだけで速読ではなくとも

早く読み進めて多読に繋がります。

 

多読術1:カラーパス効果

「カラーパス効果」という名前から

予測できた人もいるのではないでしょうか?

 

 

これは本をパラパラとめくり、

自分が気になる大事な部分に

チェックを入れるだけです。

 

 

「本の大事な部分に線を引く」

そんな程度のことが多読術の一つなのです。

 

 

しかし、予め目的を決めて本に向き合うことで、

やった場合とやらない場合では理解に差が生まれます。

 

 

また後程読み返す時も、

以前の自分が必要だったと気づくことも簡単です。

 

 

しかし、こんな簡単なことも

やっていない人が多いので

是非、実践してみてください。

 

多読術2:余白にドンドン書き込む

カラーパス効果を実践していると

自分なりの考え方が浮かんできます。

 

 

本と関係があることも無いこともあります。

それら全て本に直接書いてしまいましょう。

 

 

自己投資の多読のコツは

「自分に置き換えて考える」ことです。

 

 

カラーパスを行いイメージを沸かすことで

必要な情報がさらに具体性を持ちます。

 

 

そうすることで読んでいる本から

欲しい情報もさらに凝縮されるので

不要な情報が減り「多読」へとつながります。

 

レバレッジリーディングの感想まとめ

今回は

「レバレッジリーディングの要約と感想。コツを掴んだやり方も!」として

読書についてまとめてみました。

 

 

その中で分かりましたが、

「日本人が一月に読書にかける金額が異常に少ない」

ということは驚きでした!

 

 

これを別の受け取り方をすると

それだけ「読書」という自己投資には

他の人が気づけていない

ビジネスチャンスが眠っているのです。

 

 

あまり大きな声では言いたくありませんが

私が働いている会社の社長も

あまり読書はされないそうです。

 

 

だからこそ、社内でも自分の知識を

ドンドン使うチャンスがあると思い、

目線も変わってきます。

 

 

まだまだ「読書」が足りない私ですが、

自分でも読書が好きになっているのが

「変わったな」と驚いています。

 

 

と、言ったところで、まとめを終わります。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

TAKEでした!

スポンサーリンク
おすすめの記事